おやG のアンチ・メタボリックな健康ブログ
りゅううん こと、中年「おやG」のアンチ・メタボリックな健康生活を紹介するブログです。中年体型から脱出したダイエットのことや、肝機能の回復のこと、痔のこと、花粉症のことなども。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月メタボリック・シンドローム最新情報
メタボリック・シンドローム 日本語でいうと「代謝症候群」(最近は「内臓脂肪症候群」ともいうようですね) の診断基準の見直しが検討されているようです。

来年(2008年)度から始まる メタボ狩り とも言える「特定健診・保健指導」で、現在の基準のままだと、半分以上の人が、狩られる ようです (^_^;

専門家(何の専門家だろう・・・)たちは、「男性ウェストサイズ(腹囲)が 85cm以上、女性 90cm以上」という基準が、諸外国に比べて 厳しすぎる と言っているようです。

たしかに米国では「男性 102cm、女性 88cm」、欧州では「男性 94cm、女性 80cm」という基準で、日本より「ゆるい」ようです。しかも、女性より男性のほうが厳しいのは、どうも日本だけのようです。

専門家たちは、この基準では健康な人まで「ひっかかってしまう」と懸念しているようです。

そもそも、メタボリック・シンドローム「内臓脂肪症候群」をターゲットにした、来年(2008年)度から始まる「特定健診・保健指導」は、厚労省が生活習慣病を予防し、医療費の削減を目指す、という目的のようですが、果たしてその効果は・・・。
スポンサーサイト

テーマ:メタボリック - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 おやG のアンチ・メタボリックな健康ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。